業種野別の実績をご覧いただけます。

試験機校正 点検整備/修理
試験機の性能・精度には、定期的な整備点検および精度調整によって維持されます。
校正業務としては「JIS基準校正」、「JISに準拠したフジイ式校正」、「JCSS校正(MRA付)委託業務」、「A2LA校正(MRA付)委託業務」、「日本海事協会(NK)検定」 とお選びいただけます。
また、藤井精機(株)当時に販売してまいりました、油圧式およびレバー式材料試験機、硬度計、衝撃試験機やお客様所有の校正器など、各種にわたり、整備(修理)点検校正が可能です。



□校正項目□
 試験機の種類  JIS基準による校正  フジイ式の校正 JCSS校正/A2LA校正/NK検定 
ばね試験機
ねじりばね試験機
材料試験機
ばね選別機
報告書
校正証明書
校正結果報告書
トレーサレビリティ体系図
校正器証明書 


内 容
相対指示誤差
相対繰返性誤差
相対往復誤差
相対零点誤差
相対分解能
拡張不確かさ*2
一般検査

<ばね試験機のみ>
長さ・高さ誤差
圧縮板平行度*3
タワミ誤差*4
角度誤差(ねじりばね
        試験機*5)
 
報告書
検証証明書*1
検証報告書
校正器証明書
内容
相対指示誤差
相対繰返性誤差
相対往復誤差
相対零点誤差
相対分解能
一般検査

<ばね試験機のみ>
長さ・高さ誤差
圧縮板平行度*3
タワミ誤差*4
角度誤差(ねじりばね
        試験機*5)
報告書
<ばね試験機として証明書>
JIS B 7738による校正証明書
および検証報告書
トレーサレビリティ体系図
校正器証明書

<一軸試験機として証明書>
JCSS/A2LA/NKによる
区分:力 種類:JIS B 7721
校正証明書
校正検証報告書
トレーサレビリティ体系図
校正器証明書

内 容
相対指示誤差
相対繰返性誤差
相対往復誤差
相対零点誤差
相対分解能
拡張不確かさ*2
一般検査
<ばね試験機のみ>
JCSS/A2LA/NK対象外
JIS B 7738による
長さ・高さ誤差
圧縮板平行度*3
タワミ誤差*4
*1:ご要望により削除出来ます。(別途、証明書料がかかる為)
*2:力計におかれる環境補正(温度・湿度・気圧・その地域の推定重力地<重錘のみ>)と付随した
試験機の検証
*3:JIS B 7738には要求されていませんが、高さ精度に影響が及ぶため検証します。
*4:JIS B 7738には要求されていませんが、試験機のフレーム剛性、ロードセルのタワミ量、引張フック間の
伸び量など、補正するにあたりタワミ補正誤差の変化量を検証します。
*5:ねじりばね試験機は、JISがありません。よってJIS B 7721を代用し、角度誤差の検証を付加しました。

Go Top

修理
 試験機の使用上トラブルによる修理、又は老朽化に伴う修理及びリメークを行います。又アナログ・デジタル共SI単位変更も可能です。
迅速かつ親身になって対応し、お客様から厚い信頼を得ています。なお年式の古い試験機に対しては、部品手配の都合上お時間をいただく場合があります。
据え付け 移設
・試験機納品の際、又は試験機移設の場合、サービスマンが現場まで訪問し、対応しています。
・移設に関しては、証明書の都合上改めて校正が必要となりますのでご相談ください。
・特にアナログの試験機の移設に関しては、機械の特性上精度に影響を受けやすいので、ご連絡ください。
・大型試験機によっては、工事(コンクリート打ち付けなど)を必要とする場合があります。当社か他業者の同行で
現場まで出向き、工事又は適切なアドバイスを行いますので、ご用命ください。

私どもは、永年さまざまな校正業務に携わってまいり、多方面からお客様の信頼を得ています。
海外での校正及び修理ですが、代理店がないため基本的に海外出張又は製品引揚修理となります。
主な実績、又製品出荷は下記の世界地図の赤い点が示す通りです。藤井精機㈱のアナログ・デジタル
製品はもちろん、半世紀以上経つ試験機の精度維持にも経験豊富なサービスマンによる保守点検整備校正を
お客様のご要望に沿うよう最大の努力をしております。
ぜひともお気軽にご相談ください。
  

・藤井精機株式会社 歴代試験機
Go Top